マツエクのもちは技術と商材が大きい

マツエクはせっかく施術したらできるだけ長くもってほしいと思いますよね。

でも施術の際の商材の種類やその後のメンテナンス、ちょっとした不注意などでもちが悪くなってしまうことはあります。

サロン施術のマツエクならば、最低でも数週間はキレイなままで落ちて来たりしないで欲しいとは思う反面、意外にポロっと取れてしまうこともあります。

どうしたら長持ちするキレイなマツエクでいてくれるのか。

商材面で言えば、やっぱりグルーの種類にも大きく左右されてしまいます。

サロン仕様のエチル系のグルーはやっぱり長持ちしますし、コスパを考えるとエチル系グルーは商材選びでも無難でしょう。

ただ、肌が弱かったり、目の周りの肌トラブルがあったり、アートメイクをしている人は、どうしても沁みるとか、刺激が強いので避けてしまいがち。

肌にやさしいグルーを商材に選ぶことはできますが、長持ちするかと言われたら、しないんですよね。

残念なことに。

グルー選ぶでマツエクのもちはある程度決まってしまいますから、肌の弱い人はそれだけひんぱんに施術を受けるというのも覚悟しないといけないところですよね。

サロンで、持ちが良くて肌にやさしい商材を選んでもらうように相談してみるという手もありますが。

技術がしっかりしたサロンは、やはりマツエクのもちも良いです。

いいサロンはいい材料を仕入れているものです。

もちろんグルー商材との組み合わせというのもあります。

確かな技術で強いグルーというのが最強でしょう。

あとは自分のメンテの方法もあります。

やたらと手で触ったりすると、それだけ取れやすくなります。