Press "Enter" to skip to content

ネイキッドってどんなバイク?

今回はネイキッドと呼ばれるタイプのバイクについて紹介します。

恐らく、教習所に通って免許を取った人が多いと思うので、多くの方が一度は乗った経験があるタイプがこのネイキッドです。

バイクと言われればこのタイプのデザインを思い浮かべる人も多いと思います。

オールマイティで使い勝手も良く、私の中では最も初心者向きだと思うのがこのネイキッドです。

昔ながらのモデルは人気がある一方、中古車市場での球数も少なくなってきており、希少価値も高まってきているので乗りたい人は早めに手に入れておいた方が良さそうです。

それではネイキッドの特徴から紹介していきたいと思います。

ネイキッドの特徴

ネイキッド(裸)という名前のとおり、車体を覆うカウル(風防)のない、エンジンが外から見えているタイプのオンロードタイプのバイクです。

乗車するときの姿勢はスポーツ指向の高いスーパースポーツよりは上体の前傾は強くなく、クルーザーよりは前傾姿勢気味になるちょうど中間の姿勢になります。

ペダルも自然に足を下した位置にあり、ハンドルは上体を前傾させなくても手が届く位置にあるため、乗員の肩が着座位置の上方に自然な形で配置されるため疲れにくい姿勢で乗ることができます。

ネイキッドは、用途に対する柔軟性や比較的低いコスト、穏やかなエンジン特性から、初心者向きのバイクと言われることが多いです。

ハーフカウルやビキニカウルを装着して派生したモデルもあります。

ネイキッドのメリット

スポーツ走行やツーリング、街乗りとオールマイティに使うことができるのがネイキッドの大きなメリットです。

私も過去に所有していたことがありますが、サーキットでの走行、日帰りツーリング、タンデムツーリング、荷物を満載してのロングツーリングとありとあらゆる使い方に対応してくれました。

教習所で教習車として使われているのが、ネイキッドバイクであるCB400であることからも、扱いやすく初心者向きだということがわかります。

ネイキッドのデメリット

カウルがついていないため、走行風をまともに体に受けるということがデメリットになると思います。

特に高速走行時には走行風を受け続けるということが疲労感に直結します。

また、オールマイティであるということは良く言えば汎用的、悪く言えば突出した個性がないということになるので、自分の中でのバイクの使い方が決まってくると中途半端に感じることもあるかもしれません。

ネイキッドはこんな人におすすめ!

免許をとりたてで、まだ自分のバイクライフの方向性が決まっていないという人におすすめです。

まずはネイキッドからバイクライフをスタートしていって、自分がバイクでどういうことがしたいのかという方向性が決まってきてから、より特色の強いタイプのバイクにステップアップしていくというのも良いと思います。

実際に私や周囲のライダーにもそういうバイク遍歴を歩んでいる人は多いです。

また、オールマイティな使い方ができることから、1台のバイクで色んな事をしたい!という人にも勧めたいと思います。

おすすめ車種

HONDA CB400SF

メーカー希望小売価格:¥815,400~

教習所で免許を取った人にはお馴染みのCB400ですが、市販モデルにはV-TECHと呼ばれる機構がついており、まったく別物のバイクとなっています。

扱いやすいバイクですが、ひとたびV-TECHが作動すればスポーティーなサウンド共に素晴らしい加速を見せてくれます。

ハーフカウル付きのCB400SBはツーリングバイクとして大活躍してくれます。

KAWASAKI Z900RS

メーカー希望小売価格:¥1,328,400~

昔ながらのカワサキのネイキッドバイクのデザインを彷彿とさせる見た目に、現代の技術を融合させたバイクでネオレトロと呼ばれることもあるバイクです。

過去の名車のようなデザインかつ装備は最新のものというのが良いですね。

往年のカワサキのネイキッドが好きな方からも高評価を得ているようです。

人気車種となりつつあるため、カスタムパーツも色々なメーカーから出しているのでカスタムの幅も広そうです。