Press "Enter" to skip to content

ストリートファイターってどんなバイク?

今回はストリートファイターと呼ばれるタイプのバイクについて紹介します。

スポーツ性の高いスーパースポーツなどのカウルを外しアップハンドルに変更しつつ、アグレッシブな外観は残したままの車種のことを指します。

略して「ストファイ」と呼ばれたりもします。

ストリートファイターはヨーロッパから人気が出た車種なので欧州メーカーがよく作っている印象があります。

今では国内メーカーからも出ています。

それではストリートファイターの特徴から紹介していきます。

ストリートファイターの特徴

スーパースポーツから単にカウルを取っ払っただけというわけではなく、外観としては異形ヘッドライトやバーハンドルの位置が高いなどの特徴があります。

乗車姿勢がスーパースポーツに比べてアップライトになっており、スーパースポーツとネイキッドのちょうど中間のような位置付けになると思います。

エンジンもスーパースポーツのものがベースとなっていますが、中低速域で扱いやすくするようにデチューンされているものもあり、スーパースポーツに比べると街乗りにも対応していると感じます。

ストリートファイターのメリット

セパレートハンドルのスーパースポーツに対して、バーハンドルが採用されているストリートファイターは前傾姿勢が軽減されており、乗車時の疲労感が軽減されると共に、街乗りでの操作性が改善されています。

エンジンはスーパースポーツゆずりのハイパワーなものが多いですが、こちらもスーパースポーツに比べて中低速重視になっているものが多く、スポーツ走行だけでなく街乗りでも扱いやすく乗りやすくなっています。

異形ヘッドライトなどの他のタイプにはない攻撃的なデザインはパッと目を引くものとなっています。

ストリートファイターのデメリット

ストリートファイターはカウルなどがないため、ネイキッドと同じく走行風が体にあたるというデメリットがあります。

また、ベースはスーパースポーツなので2人乗りや荷物の積載にはあまり適していません。

長距離のツーリングやキャンプツーリングなどでは疲れがたまらないようにしたり、上手く荷物を載せたりといった工夫が必要になってきます。

ストリートファイターはこんな人におすすめ!

人とは少し違うバイクに乗りたいという人におすすめです。

ストリートファイターはあまり乗っている人もおらず、ラインナップも少ないのであまり人と被らないタイプの1つだと思います。

スーパースポーツほどスポーツ走行に特化しているというわけではないため、街乗りやツーリングでも扱いやすいと思います。

おすすめ車種

Triumph STREET TRIPLE

メーカー希望小売価格:¥1,090,000~

トライアンフはイギリスのバイクメーカーで、ストリートトリプルの兄貴分にあたるスピードトリプルがストリートファイター人気の口火を切りました。

3気筒エンジンはパワフルかつトルクもありとても扱いやすくなっています。

765ccとちょうどいい排気量で、購入価格も海外メーカーの中でも比較的安く初心者にも手にしやすいバイクです。

SUZUKI GSX-S750

メーカー希望小売価格:¥969,840

スーパースポーツのGSX-R750のエンジンをベースに、最先端技術が使用されたストリートファイターです。

エンジンはGSX-Rに比べてマイルドなスロットルレスポンスとなっており、低速トルクの向上や優れた始動性、安定したアイドリングといった、普段使いで必要とされる特性も併せ持っています。

中低速域での加速性能を向上しつつも、スーパースポーツ譲りのトップスピードも維持しています。