Press "Enter" to skip to content

オフロード(モタード)ってどんなバイク?

今回はオフロード(モタード)と呼ばれるタイプのバイクについて紹介します。

オフロードと言っても色々な分類がありますし、オフロードバイクとモタードバイクはまったくの別物です。

ですので、今回は一般的なオフロードバイクであるデュアルパーパスというタイプのバイクについて説明したいと思います。

それではオフロードの特徴から紹介していきます。

オフロードの特徴

前述したデュアルパーパスというモデルは、未舗装路や不整地(オフロード)での走行を考慮した装備や構造を持ちつつも、舗装路や公道(オンロード)での走行にも対応しているものを指します。

オンロード走行を目的として設計された車種に比べると、軽くて細身の車体で、単気筒ないしは2気筒のエンジンを搭載するものが多くなっています。

細くて径が大きいタイヤが装着され、サスペンションはオンロードモデルに比べて柔らかくストロークが長いのが特徴で、よりオフロード向きの車種ほどその傾向が強くなります。

最低地上高やシート(座席)の高さが高い車種が多いですが、サスペンションが柔らかいので足つきは比較的良くなっています。

どれだけスピードが出せるかということよりも中低速域での凸凹道での走破性を重視して、オフロードで扱いやすい出力特性のエンジンとなっています。

この車高の高さや車重の軽さは、横風に弱く煽られやすいといった弱点につながります。

オンロード向けのバイクに比べると、オンロードでの性能や快適性は劣り、オフロードでの走破性は優れていています。

オフロードで取り回しやすい車種は市街地での走行で扱いやすくなっています。

オフロードのメリット

軽い車体が多いので、取り回しが楽です。

車高が高いものもありますが、サスペンションが柔らかく乗車すると車体が沈み込むので足つきも良いバイクが多いです。

オフロードにガンガン入っていけるというのがこのタイプの強みで、他のタイプのバイクでは走れないようなところでも走ることができます。

林道ツーリングなんかは冒険している感じがとても楽しいです。

単気筒の小さいエンジンを積んでいるものが多く、燃費も良いバイクが多いですね。

大きいキャリアもつけられるので、大きな荷物を積んでのツーリングにも適応してくれます。

実際にオフロードバイクで荷物満載で北海道ツーリングにきているライダーもたくさんいます。

オフロードのデメリット

エンジンが小さく、非力なものが多いので高速走行は苦手です。

100km/hでの巡行がやっとというバイクもあり、オンロードをかっ飛ばしたい人には向きません。

また、車重が軽く、車高も高いので、横風を受けるとかなり走行に影響を受けます。

単気筒や2気筒のエンジンは振動が強いので長時間乗っていると疲れてくる原因にもなります。

慣れてくるとどうということはありませんが、長距離を一気に走り切るということは苦手としています。

オフロードはこんな人におすすめ!

道路状況を選ばず、色々な道を走りたいという人におすすめです。

特に林道ツーリングなどは他のオンロードバイクでは難しいです。

林道を抜けた先に待っている絶景などはオフロードバイクでしか見に行くことができないので、「良いな~楽しそうだな~」と常々思っています。

また、大きいバイクを持っている人がセカンドバイクとして全く別の乗り味のバイクを求めて所有していることも多いのがこのタイプです。

おすすめ車種

YAMAHA セロー250

メーカー希望小売価格:¥564,840~

「きっと、ずっと、セローです」のキャッチコピーで今年モデルチェンジしたヤマハのロングセラーモデルです。

ゆっくりトコトコとツーリングをするととても楽しいバイクです。

オフロード乗りの中では「セローを買っておけば間違いない」という人もいるくらい初心者にも扱いやすいバイクになっています。

ツーリングに便利な装備をつけたツーリングセローというものもあり、街乗りからロングツーリングまでこなしてくれます。

HONDA CRF250 RALLY

メーカー希望小売価格:¥648,000

左右非対称の形が独特のヘッドライトや大型のウインドスクリーンが装備されています。

オフロードバイクとしては少し重めですが、街乗りから林道ツーリングまでオールマイティに走りこなしてくれます。