Press "Enter" to skip to content

アドベンチャーってどんなバイク?

今回はアドベンチャーと呼ばれるタイプのバイクについて紹介します。

最近では大排気量エンジンとハーフカウルを搭載した車種がアドベンチャーと呼ばれています。

最近はこのアドベンチャーが流行っているのか、各メーカーが開発に力を入れていますし、小排気量のモデルも発売されています。

それではアドベンチャーの特徴から紹介していきます。

アドベンチャーの特徴

アドベンチャーバイクはツアラーとオフロードバイクを足して2で割ったようなバイクです。

長距離の移動を楽にできるようにしつつ、フラットダートなどの軽いオフロードであれば走破できるオフロード性能も有しています。

大排気量のものは、大型タンクに直立した乗車姿勢など、長距離を走るためのツアラーの特徴を持っています。

近年発売されている小排気量のものは、電子制御などはあまり充実していませんが、航続距離が長く、オフロードを走ることも考慮された設計になっています。

排気量問わず、アドベンチャーバイクは同じクラスの多タイプのバイクよりも車両重量は重めです。

アドベンチャーのメリット

車重があるため、ガレ場などの難易度の高いオフロードにはアタックできませんが、フラットダートくらいのオフロードであれば、普段あまりオフロードを走らない人でも気軽に入っていけます。

「え?別にそんなところ走る予定ないけどなぁ?」という方は北海道ツーリングに行ってみてください。

有名スポットでも駐車場やそこまでの道がダートというのはザラです。

こういう時に「よし、行くか!」と思えるかどうかはツーリングの目的地の幅を広げることができるかどうかの違いになってきます。

また、ツアラーとしての性能も十分で、大きなタンクによる長い航続距離と楽な乗車姿勢、そして様々な便利機能によって、ツーリングを楽にしてくれます。

アドベンチャーのデメリット

こちらもツアラーとオフロードの悪いところを併せ持った感じです。

車重は重く、重心が高いため取り回しはけっこう大変です。

車高が高いので足つきというものがネックになってくる人もいると思います。

また、車重はありますが車高が高いため、横風に弱いという点もあります。

高速道路ではあまり速度を出すと横風を受けたり、接地感が薄まったりするため本家本元のツアラーのようにかっ飛ばすことは難しいと思ってください。

アドベンチャーはこんな人におすすめ!

アドベンチャーという言葉のまま、目的地やルートを選ぶことなく、色々なところにツーリングに行きたいという方におすすめです。

私はトライアンフのタイガー800XCxというアドベンチャーバイクに乗っていますが、ツーリングの相棒としてこんなにも便利なバイクはありません。

下道も高速も、オンロードもオフロードもそれなりにこなしてくれて、荷物や人を載せてもしっかりと走ってくれるとても良いバイクです。

今このタイプが流行っているというのも納得です。

おすすめ車種

SUZUKI Vストローム250

メーカー希望小売価格:¥570,240~

最近250ccクラスのアドベンチャーモデルも発売されていますが、その中でも完成度が高いなと思ったのが、このVストローム250です。

250ccにしては車重は重めですが、大きいタンクと燃費のいいエンジンで長い航続距離を確保しています。

積載能力も申し分なしで、車体が小さいので足つきも良いです。

お値段も手ごろで、250㏄のため維持費も安くなっており、「ちょうどいい感じのアドベンチャー」だと思います。

HONDA CRF1000L AfricaTwin

メーカー希望小売価格:¥1,382,400~

今、国産アドベンチャーバイクでかなり売れているのがこのアフリカツインです。

ツーリング先などでも見かけることが多いです。

車体が大きいので、取り回しが大変そうなイメージがありますが、この大きなバイクでオフロードをガンガン走っている人もいるので、腕を磨けばありとあらゆる場所で楽しむことができそうな1台です。

装備やスペックはもちろんいうことなしです。