Press "Enter" to skip to content

ビッグスクーター(スクーター)ってどんなバイク?

今回はビッグスクーター(スクーター)と呼ばれるタイプのバイクについて紹介します。

スクーターと言えば、多タイプと違って基本的にはATで、ツーリングに使ったりというよりは日常の足として使うことが多いイメージですね。

今回は原付などではなく、いわゆるビッグスクーターのほうに注目しようと思います。

それではクラシックの特徴から紹介していきます。

ビッグスクーター(スクーター)の特徴

排気量が250cc以上のスクーターのことです。

原付スクーターに比べて、リアシートが大きく、全長も長くなり、車重も重くなるものが多いです。

ビッグスクーターはタンデム時の快適さや、高速道路での走行を踏まえた走行時の安定性が重視されています。

シート下などの収納スペースは、機種によって異なるものの大容量になっており、ほとんどのモデルでヘルメットが2つ収納できるくらいの容量を確保しています。

車重が重くなり、スピードも出せるようになった分、強力な制動力を持つブレーキやABSがつけられていたり、高級感を出すために明るいヘッドライトなどが採用される場合が多く、原付のスクーターよりも装備は充実しています。

ビッグスクーター(スクーター)のメリット

一番のメリットは積載能力の高さです。

シート下の大容量スペースに、タンデムシートへの積載、トップケースの装着などでフルパニアのツアラーやアドベンチャーに負けない積載能力を発揮します。

実はけっこうツーリング向きなのでは?と思います。

ATであることと、ゆったりとした乗車姿勢のため、ロングツーリングでも疲労感は少なくなっています。

2人乗りでも安定感があるというのも良いポイントだと思います。

ビッグスクーター(スクーター)のデメリット

ホイールベースが長く、車重も重いため、直進安定性は高いですが、取り回しがしにくいと感じます。

免許取得時にAT教習としてビッグスクーターに乗ったことがありますが、「なんて乗りにくいバイクなんだ!」と思った記憶があります。

また、ステップ位置が低いため、バンクさせると擦ってしまったりします。

元々そういう目的のバイクではありませんが、スポーツ走行には不向きです。

ビッグスクーター(スクーター)はこんな人におすすめ!

日常の足にもツーリングにも使いたい、とにかく楽がしたいという方におすすめです。

私も大きいバイクやMTのバイクに乗ることが辛くなってきたらビッグスクーターかな?と思っています。

実際にビッグスクーターでロングツーリングに来ているシニア世代の方とも会ったことがあります。

若い人のビッグスクーター乗りの人はカスタムして乗っている人が多いイメージがあります。

カスタム好きの人にはパーツも豊富で楽しいかもしれません。

おすすめ車種

YAMAHA TMAX530

メーカー希望小売価格:¥1,242,000~

デザインも良く、スポーティな見た目のビッグスクーターです。

走行機能に関しても、ある程度スポーツ走行に対応しているようで、サスペンションやブレーキなどからもその片鱗を窺うことができます。

クルーズコントロール機能やグリップ・シートヒーターも備えており、ツーリングにもピッタリの1台です。

Vespa GTS SUPER 300

メーカー希望小売価格:¥698,000

イタリアの有名スクーターメーカーのベスパの300ccが設定されているモデルです。

国内メーカーにはないオシャレな可愛らしいデザインが特徴的です。

300ccモデルではABSとASR(トラクションコントロール)が標準装備になっています。