弁護士事務所で働きたいのですが、求人で未経験の女性は論外?

【お悩み解決】弁護士の求人についての情報マトメ

未経験でも弁護士の求人に応募して受かる女性は多くいます。治安が良い日本では訴訟案件は少なく、女性の細やかな書類作成力が求められるのです。

新着記事

弁護士事務所で働きたいのですが、求人で未経験の女性は論外?

未経験の女性が求人に応募しても受かる可能性は大いにあります。

日本は諸外国にくらべ治安が良く、弁護士事務所では、自己破産や倒産、家庭内暴力、窃盗・万引きなどの案件が大半。

これらの法的手続きはほとんど事務的な書類作成で済み、むしろ細やかな女性の戦力が求められているからです。

★専門的な勉強・経歴を積んでいなくても求人は多い。

弁護士事務所(法律事務所)にもさまざまな方針・雇用形態がありますが、おおむね素人の女性であっても雇用される確率はかなりあります。

ネットなどで求人があれば応募してみてください。

大学や専門学校で法科系の勉強を積んでいれば確率はさらに高まりますが、まったくそのような素地がなくても就職は可能です。

★未経験の女性でも弁護士事務所に歓待される理由。

なぜ弁護士の求人は未経験OKとされているのかというと、①弁護士を補佐する業務は、専門的な領域に留まらない。

②男性よりも女性のほうがきめ細やかで書類の整理には向いている。

③法的な手続きは弁護士がサポートすれば誰にでもできる。

④案件が重なるほど人手が必要になり、ギリギリの人員では立ちゆかないことが多い。

★実際に弁護士事務所に寄せられる案件は、訴訟問題よりも自己破産などの割合が多くあります。

そのための作業は大半が書類整理です。

とくに日本は治安のいい国なので、殺人事件のような凶悪な犯罪は全体から見ればごくわずかです。

自己破産・倒産、痴漢・ストーカー、窃盗・万引き、家庭内暴力、近隣トラブルなどが件数の大半を占めているため、弁護士はスタッフに指示さえすれば、あとは書類提出のための作業になります。

Copyright http://www.arcocolombia2015.com/. AllRights Reserved.